御前酒のまにゃあ!


岡山県北の造り酒屋 御前酒蔵元が日々の出来事をいろいろと・・・
by gozenshu
リンク
ブログパーツ
最新のトラックバック

<   2007年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

新酒3兄弟。

いよいよ今月も終わります。そして今年も残すところあと1ヶ月となりましたね。

最近、来店されるお客さんから「にごり酒はまだかい?」、「どぶろくみたいのは?」などとよく聞かれます。
また、不思議なのは日本酒をあまり飲まない女性が甘口のにごり酒を好むのは分かるのですが、生粋の大酒飲みみたいなお客さんから「にごり酒は?」と言われる事もあります(^_^;)
そういった面では、このにごり酒は男女年齢問わず幅広い方に好まれている商品の一つです。

さて、明日から12月!!何の日でしょう???
そぅ!御前酒がお届けする今年の最後の新酒にごり酒が登場するんです!(^^)!
c0110786_10183633.jpg

これでやっとお待ちしていただいたにごり酒ファンの方々にお酒をお届けする事できます!!

TEL、FAX、ネット販売。どの方法でもご注文可能ですのでジャンジャンご連絡下さい!
c0110786_1026189.jpg

勝山は晴天!今日も仕込み蔵からは蒸気と共に優しいお米の香りが漂っています。

→新酒3兄弟

By 北原
[PR]
by gozenshu | 2007-11-30 10:27

御前酒仕込み話。

今日は久々に米掛けの風景を見に行ってきました。
本日の仕込みは今年人気の菩提酛にごりです。
米は“岡山県産雄町”
仕込み量は360㎏。
c0110786_1622370.jpg

米掛けは写真のように毎朝、杜氏と蔵人の2人で行っています。一般家庭でのお米の量を考えたらお米をこのように扱うなんて不思議な感じですよね(^_^;)
c0110786_1613350.jpg

この米掛けもただドンドンお米を入れていくのではなく抜け掛け法という方法で行います。
抜け掛け法とは※水切りをした白米を甑(こしき)の中に張り込む方法の一つで、まず少量の白米を甑の中に平らに置き、蒸気がお米の上面を吹き抜けたらさらに適量の白米を置くことを繰り返す方法です。
そうする事によりお米一粒一粒に均等に蒸気が伝わり、蒸し上がりも良くなります。
また、この作業を怠ると蒸し上がったお米には心まで蒸しきれていないものや過剰に蒸されていたりと地味な作業ですがとても重要な作業の1つです。

なんかこんな小さな作業で熱く語ってしまいましたが日本酒はこうやって手間隙をかけて造られているという事が伝われば幸いです。

そう言えば、12/1から新酒3本目にごり酒が出荷となりますので是非そちらもご期待下さい。

水切り…浸漬タンクの水を排出して白米の浸漬を終えること

By 北原
[PR]
by gozenshu | 2007-11-29 16:23

昼の顔、夜の顔。

こんにちは!あやこです。
一週間ぶりの登場です(*^_^*)

今回は夜の西蔵についてお話します。
c0110786_16322854.jpg

お昼の営業は11:30~14:30まで(喫茶は10時からやってます)
お食事内容は、前回も紹介した西蔵膳、丼物、コース料理(要予約)
となっております。

若干、選択肢が少ない?!味には自信があります!!

しかし、もっと料理長の料理がいろいろ食べてみたい!
そんな方には夜の西蔵がおすすめ(^^♪

夜メニューは、一品料理を中心とした居酒屋スタイルでやらせてもらってます。
お値段も、一品350円のものからあるのでとってもリーズナブル!

季節のお料理も一品から頼めるので実は穴場なんですよ(笑)

夜は18時から23時までやってますので(L.O22:00)
昼の顔と夜の顔を比べてみてください!

さてさて、こっから本題(-_-;)

先日、夜の西蔵に20代後半くらいの落ち着いたカップルがきてくれました。
DRINKのオーダーは、ウーロン茶と、美作のしぼりたて!

どっちがお酒飲むのかな~とお持ちすると女性のほうが
「私がお酒です」
おぉ!うれしい!
どっちかっていうと日本酒いける口なので、ついつい話しかけたくなるんです!

「日本酒、お好きなんですか?」
「そんなに飲まないんですけど、せっかくここ(酒蔵レストラン)に来たんで」

うれしいじゃないですか(>_<)
なかなか日本酒をのむ女性は少ないですけど・・
先入観があるんじゃないかな。
酒臭い、とか悪酔いする、とか・・

だけどこうやってちょっとおしゃれな空間で飲めば
印象が変わるのではないでしょうか?

そういった発見の場であればいいなと思いました。

その彼女はほろ酔いで、喜んで帰ってくれました。
「ほんとは僕のほうが日本酒すきなんです。今度は僕が飲みます!」
と言い残した彼(今回は運転手)と一緒に・・・(*^_^*)
c0110786_16334047.jpg


BY ayako
[PR]
by gozenshu | 2007-11-28 16:31

International Wine Challenge

前々からホームページでご紹介の通り、当蔵“大吟醸 馨”がInternational Wine Challengeにおいてシルバーメダルを獲得いたしました。
先日、ようやくその表彰状が届きました!!
c0110786_9482974.jpg

このコンテストは世界最大規模のブラインド・ワイン・テイスティング・コンテストであり、1983年以後毎年ロンドンで開催されているのもです。
今回、海外での日本食人気の高まりに伴い、その認知度や品質が高く評価され、SAKE部門が設けられました。
c0110786_9485926.jpg

“御前酒 馨”は上品な上立ち香(うわだちか)とキレのある味わいが特徴であり、レストラン西蔵では食前酒としても取り扱われております。
毎晩の晩酌酒というより、日々の生活の中での特別な1杯としておススメです。

By 北原
[PR]
by gozenshu | 2007-11-28 09:51

備前焼 その2

c0110786_7394632.jpg

かなりの熱で圧倒されてます(~_~;)
これは、実際体験してみないとなんとも伝わりにくい。私の文章能力ないせいもあるんですが・・・m(_ _)m
こんにちは 淳 です。
昨日、備前焼きの山根さんの工房にまたお邪魔したのでアップしまぁ~す。
窯焚きをしている最中で、約1100℃ほどの熱でした。
炎の圧力がスゴイです↓↓↓
c0110786_7491670.jpg

火の守りは、24時間体制で山根さんと息子さんのお二人でされていて、尋ねた時は息子さんが火の守りされていて、19時頃から4時頃まで起きているそうです。大変です(ーー;)
c0110786_901319.jpg

窯焚きは、28日頃までされてそれから約1週間ぐらい放冷して窯出しの作業に移るそうです。自分の作品は、ないのだけれどワクワクしてきます。
では、次回は最終章「窯出し」 ご期待あれ      by 淳
[PR]
by gozenshu | 2007-11-27 08:56

ボダイとクリスマス。

クリスマスまで1ヶ月を切りましたねぇ!
という訳で御前酒もクリスマスコーナーを設けました(^_-)-☆

ツリーの周りに置かれているのは20日から発売された新酒“菩提酛にごり”です!
c0110786_1145373.jpg

このお酒の酒母仕込み法“菩提”とは、奈良の菩提山正暦寺から始まったと言われる「菩提山酒」の仕込み方法を用い、天然乳酸と野生酵母で造る「そやし水」をもとに仕込むものです。
これは全国でも数蔵しか取り入れていない大変珍しい仕込み方法です。
c0110786_11583861.jpg

この酒母を使用したお酒は酸味がありキリッとした味わいになり、日本酒というより白ワインに似た甘酸っぱさを感じます。
なので試飲されたお客さんは「甘くて飲みやすい!」と普段日本酒を飲まれない方にも人気の商品です。

今年のクリスマスは是非この菩提酛にごりで乾杯されてみてはいかがですか?

By 北原
[PR]
by gozenshu | 2007-11-26 12:04

御前酒を楽しむ会@真金堂

昨日、岡山市内山下にある「そば・うどん 真金堂」さんで、御前酒を楽しむ会がありました。

お集まり頂いたお客様は無類の酒好きばかり!

この日蔵元が用意した以下のお酒は5種類。
・純米大吟醸 鳳凰
・純米吟醸 醇乎醇
・純米造り 美作しぼりたて
・菩提もとにごり
・炭屋彌兵衛 ひやおろし

そして真金堂さんにご用意頂いた料理は鯖すき鍋!濃い目の醤油ベースのお出汁に鯖をさっと炊き、旬の野菜と共に頂く。
めちゃくちゃ旨そうだ!

乾杯は詰めたてヌーボーの菩提もとにごり

宴の最中もいろんなご意見やお褒めの言葉など頂き、大変有意義な時間を過ごす事が出来ました。
c0110786_13311662.jpg

蔵元がこうやって消費者の方と一緒に酒を飲めることは本当にあり難い事です。

この日をプロデュースしていただいた酒ショップ山本さんと、真金堂さん、そしてなにより寒い中参加頂いたお客様たちに感謝です!

いやしかし皆さんよく飲まれます。
c0110786_13314312.jpg

2時間弱の宴も終わる頃には持ってきていた酒がすべて空に...。


by soichiro
[PR]
by gozenshu | 2007-11-22 13:35

初blog!(^^)!

西蔵スタッフのあやこです。
辻本店のみんながブログやってて楽しそうだったので、参加させてもらっちゃいました!
なので今後ちょくちょくかかせてもらいますのでよろしくお願いします(^_-)-☆

この写真は西蔵の定番メニュー、「西蔵膳」の先付です。
c0110786_1740431.jpg

食前酒は、もちろん御前酒、大吟醸の「馨」
本日の三種盛り(銀杏豆腐、タコの柔らか煮、柿生酢)

あとみてください、真ん中にきれいな落ち葉が・・
いつもはないので、お客さんに出す前に、「きれ~!!」ってこっちが感動(笑)

厨房の人にきいたら、「きれいだったから近所の神社でひろってきたの」
こういう心遣いってなんかほっとしますよね。

行楽シーズンで忙しくなってくると、どうしてもお客さんを待たせてしまうこともあるのですが、
こういうちょっとしたことで少しでも喜んでもらえたらと思います。

厨房の人は、実際にお客さんの顔を見ることはできないけど、
ちゃんと、いろいろ見てくれてるんだなとうれしくなりました。
そして、そのお客さんの反応を伝えるのは、私達フロアースタッフの役目!
もちろんお客さんの反応はよくって、早速厨房に伝えました(^_^)


西蔵で、季節感のあるお食事を楽しみにきてほしいなと思います。

by ayako
[PR]
by gozenshu | 2007-11-21 17:41

突然の訪問者!!!

こんにちは 淳 です。
今日は、新酒の発売日で朝からバタバタしております。
そこに、風格のあるお客さんが・・・だれだぁ・・・“寅さん”だ!!!
記念に写真をパシャリ↓↓↓
c0110786_129399.jpg

若干舞い上がってしまい・・・(本物の方じゃないですけど)なにをされている
方なのか聞きそびれてしまいました。(^_^;)
そして、寅さんはまた旅に出られました。(●^o^●)
                                   by 淳
[PR]
by gozenshu | 2007-11-20 12:12

平成18酒造年度広島国税局鑑評会。

c0110786_16534168.jpg

本日、平成18酒造年度広島国税局鑑評会の表彰式が行われました。
今回は当蔵“純米造り美作”が【純米】、【燗酒】部門において金賞を受賞しました!
c0110786_16542550.jpg

美作は御前酒の中でも定番中の定番で多くのファンをもっている商品です。
冷やで飲めばスッキリ爽やか、温めると次第に旨味を感じ味に幅が出てきます。
個人的には美作の大ファンなので晩酌はいつも美作です(^_^;)

そんな美作のしぼりたてが明日から発売されます!
搾ったばかりの新酒は麹の風味がまだはっきり残る、旨口純米生原酒となっております。

ちなみに本日まで新酒先行予約を行っています。
抽選で5勺ぐいのみも当たりますので明日注文しようとしているあなたっ!!
是非、今日中に注文をしぐいのみをゲットして下さい(*^_^*)

新酒

By 北原
[PR]
by gozenshu | 2007-11-19 13:30


検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧