御前酒のまにゃあ!


岡山県北の造り酒屋 御前酒蔵元が日々の出来事をいろいろと・・・
by gozenshu
リンク
ブログパーツ
最新のトラックバック

<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

試飲即売会@埼玉 島村酒店

28(土)に埼玉は所沢にあります、島村酒店さんにて試飲即売会が開催されました。

日本名門酒会との共同開催で、全国から10蔵の蔵元さんが参加されました。

こちらが島村酒店さん↓
c0110786_10462047.jpg

当日は200名のお客様の来場を予想していましたが、蓋を開けてみると約300名のご来場を頂き、絶えずお客様で賑わいました。

会場の写真を撮ろうと思っていましたが、あまりの忙しさに撮れず仕舞いです。

こちらは島村さんの娘さんが一枚づつ丁寧に書かれている、POPです。↓
c0110786_10521831.jpg


御前酒からは5種類、美作、緑山、昔造り、9(NINE)、菩提酛にごりを用意しました。

新酒という事もあり菩提酛にごりが一番人気で、多くのお客様から「おいしい!」と嬉しいお言葉を頂戴しました。

菩提酛にごりに続き、緑山、昔造りが完売しました!

島村酒店の皆様、名門酒会のスタッフの皆様、ありがとうございました!

お近くにお立ち寄りの際は是非、島村酒店さんをご利用ください!

by 七代目
[PR]
by gozenshu | 2009-11-30 10:57

本格的な仕込開始!

こんにちは。久々に登場の杜氏マイコです。蔵の様子をお伝えします。

9月末に最初の米洗いをしてから、週に1本づつ仕込みをしていました。

そして今月上旬からもとを二日に1本づつ仕込み始め、今日からいよいよ本仕込も二日に1本になりました。

これからは毎日1トン以上の米を蒸して仕込んでいきます。

久々の1トンは結構ハードです。


今朝、もとを仕込んでいる「もと場」という部屋に入ると、なんだかパッションフルーツのような甘~い香りが・・・

香りの元をたどって行くと、「炭屋彌兵衛」のしぼりたてのもとのタンクにたどり着きました。

酵母が旺盛に繁殖して、黄色味を帯びた泡が表面を被っています。

c0110786_11471025.jpg






近くで見るとこんな感じです。


c0110786_11523698.jpg


11月17日に仕込んだもとで、明後日添え仕込みをします。



次の画像は昨日仕込んだばかりの「9ナイン」のもとです。

仕込んだばかりでまだ泡=酵母が見えません。これから徐々に増やしていきます。


c0110786_1154162.jpg


こちらは乳酸菌由来のカルピスのような独特な甘い香りがしています。

杜氏マイコ
[PR]
by gozenshu | 2009-11-27 12:02

GOZENSHU@KOREA!!

先日、韓国で展示会に参加してきました。

FOODWEEK2009という、韓国でも最も大規模な展示会です。
韓国版FOODEXみたいな感じです。

会場はCOEXという、これまたドデカイ会場です!
c0110786_1717983.jpg

ジャパンパビリオンと名づけられた、日本企業を集めた一角に、御前酒ブースを出展!
c0110786_1718348.jpg

左は通訳のキム君!最終日土産にインスタントラーメンを貰いました。
右は矢谷課長!

当蔵元の他にも、お隣(上)は鳥取県の千代むすびさんや鷹勇さんも出展されていました。

最近の韓国での日本酒ブームは耳にはしていましたが、ここまで反応が良いとは思いもよりませんでした。
一般のお客様や日本料理店の方、はたまた輸入業者まで、いろいろお話が出来ました。
といっても通訳を通してですけど。

純米大吟醸 鳳凰から9(NINE)まで、計5種類を試飲して頂きました。

それぞれ反応は良かったのですが、特に良かったのは、菩提もとにごり!

ジャパニーズマッコリ!と連呼しながら宣伝しました。

韓国はロシア・中国についで一人当たりのアルコール消費量が多い国だけあって、良く飲みますし、もっと度数の高いものを要求する方もしばしば。

最も飲まれているお酒はチャミスル(焼酎)で、最近低アルコール化が進んだと言っても、度数は20度前後。

現地の方と一緒に飲みに行きましたが、飲む飲む!
こちらは焼肉です。韓国では豚肉が庶民的に食されます。
c0110786_1721893.jpg


爆弾チャミスルと言って、ビールと割った物で乾杯するのが最近の流行だそうです。

韓国での日本酒が飲まれる一番の理由はずばり「ヘルシー」だからだそうです。
アルコールも焼酎に比べれば低く、また純米酒は特に安全性が高いから。

しかも一番消費しているのは30代の女性だそうです。

確かに、日本料理店では女性の2~3人連れが目立ちました。

近々、御前酒が韓国で飲める日が来るように頑張ります!

by 七代目
[PR]
by gozenshu | 2009-11-25 17:25

恒例の「西蔵ほろ酔い寄席」

今年も11月7日に行いましたが、大勢の皆様に楽しんで頂けたと

喜んでおります。


今年は三遊亭鳳楽さんの師匠である三遊亭圓楽さんが亡くなった直後

ということで開演が危ぶまれたのですが、そこは芸人さんです、

「予定通りやりやす!」という連絡がありました。


そして今年は前座が登場(?)したのです。

と言うのも、私の落研時代の同級生で三笑亭空巣(カラス)が、

「俺にも演らせろ!」と遥々四国は松山から駆け付けたのです。

彼は三井物産を少し早めに退社し、弟君がやってる松山の実家の家業の

手伝いをしてる自称「海外担当部長」です。

以前松山で二人で「美作」を飲んでいた時、

「今度鳳楽さんの会があるんだけど、聞きに来ない?」といったんだけど、

聞くどころか自分で高座に上がってしまった訳です。

鳳楽さんも喜んで、「ホントの寄席みたいでいいねぇ~!社長も演ったら?」と

来ましたよ。で、私も高座に上がってしまいました。
c0110786_1752154.jpg

c0110786_175368.jpg


出囃子の「前座おくり」で三笑亭空巣が、

「野崎参り」でわたくし林家助平(スケヘイ)が、

そして「正札付き」で三遊亭鳳楽さんが登場と言う具合です。


空巣くんは「開口一番」ということで「蛙の女郎買い」という小噺を、

私はご挨拶と毎回お馴染みの小噺でした。

鳳楽さんは、最初は師匠の圓楽さんに因んで「短命」とう噺を演りました。

目出度い時には「長命」と言い方を変えることがあります。

続いてお酒の話が出てくる「夢の酒」というお馴染みの古典でした。
c0110786_17761.jpg

落語の後は、「江戸のお弁当」で美作の燗酒をたっぷり・・・。

大盛況のうちにお開きとなりました。

by六代目
[PR]
by gozenshu | 2009-11-18 17:09

ライブ in エスパス

こんにちは 淳 です。

蔵元周辺は、紅葉も落着き寒さが厳しくなってきました。

蔵も13日より本格的な酒造りがスタートしました(^^♪

さて、今週末の3連休ご予定はお決まりですか!?

23日に旧久世町エスパスランドにて『indigo Jam unit』のライブがあるんです!!!

そこへ、ウチの「9ナイン」がウィルカムドリンク!?で参加しまぁーッス(^O^)v

蔵元のスタッフが、当日参加できないので、申し訳ないのですが

会場のスタッフの方が、大いに振舞ってくれますので、ぜひともご参加ください。
c0110786_1412104.jpg

詳しいお問い合わせ先はこちら↓↓
(財)久世エスパス振興財団 club Jazz event 実行委員会
岡山県真庭市鍋屋17-1  TEL:0867-42-7000
[PR]
by gozenshu | 2009-11-18 14:16

広島国税局清酒鑑評会で「美作」が三年連続優等賞受賞!

本日(11月17日)平成21年広島国税局清酒鑑評会優等賞の授与式が
広島国税局で行われた。
c0110786_15535776.jpg

10時に開式の辞で始まり、審査報告が川瀬鑑定官室長よりありました。

「純米の部」に関しては、「穏やかな香りとコクの良さを感じた。

また、酸味とエキスのバランスが極めて良かった。」とのコメントがあった。

続いて「優等賞」の受賞製造場の発表があり、「吟醸酒の部」は32場、

「純米吟醸酒の部」は18場、「純米酒の部」24場、「本醸造の部」が10場

という結果でした。当社は「純米酒の部」だけ出品した結果、見事連続で

「美作」が「優等賞」を受賞しました。
c0110786_1671950.jpg


昨年は純米酒の「燗酒の部」(40℃)で「優等賞」を頂きましたが、

今年は「常温の部」(20℃)で「優等賞」を頂きました。

良く「ヒヤ(常温)でも燗酒でもイケる!」と言いますが、

実際にはどうなのか!?という疑問が我々にもありました。

それに「美作」は見事に答えてくれたわけです。


この酒のポテンシャルは本当に高い!とちょっと喜んでいます。

おそらく様々な「酸」のバランスがいいからこういう結果になったんだと思っています。

これからも「あらゆる温度帯でも楽しめる美作」をよろしくお願い致します。

by六代目
[PR]
by gozenshu | 2009-11-17 16:02

蔵のお祓い

13日の金曜日は、全国的?に大安であったため、

この良き日に仕込みの安全祈願を行いました。

例年この時期に行っているものですが、今年は13日から仕込みも本格的に

なることもあって、お祓いを行いました。

蔵での祀りごとではお馴染みの高田神社の神主さんに執り行って頂きました。

玉串の奉納は、社長、杜氏、頭の3名が代表して行います。

所謂「二礼二拍手」ですが、それに合わせて他の人々も行う訳です。

こうした機会は蔵元では結構ありまして、次は来年の1月5日に執り行われる

「お釜様」という祭事です。

今年は先のブログでも話ましたが、原料米である「雄町米」の出来があまり

良くないですが、蔵人が一丸となって仕込みに取り組みます。

きっとお祓いの効果があるでしょう。     

by六代目
c0110786_1815514.jpg

c0110786_182830.jpg

[PR]
by gozenshu | 2009-11-13 18:02

お客様参加型ビデオコンテンツ~♪

9月にブログで紹介した『9NIGHT』

その時にビデオ撮影した動画が9(NINE)HPにアップされました。
c0110786_18524312.jpg

お客様参加型のビデオコンテンツで、当日お越しいただいた90名の中から

11名の方に許可をいただき、出演していただいてます。

まず、人生で一番うれしかったことを言っていただき、

ナインを飲んで感想をポーズで表現していただいてます。

ご協力していただいた出演者の皆さん、本当にありがとうございました!

これをきっかけに日本酒を、また、御前酒を好きになっていただければ嬉しいです!

今度は真庭市、津山市あたりで開催出来ればと思ってますが、

是非、出演したい!って方がいらっしゃいましたら飛んでいくかもしれません!

GOZENSHU9(NINE)ホームページはこちら!

by tsukki
[PR]
by gozenshu | 2009-11-12 18:48

今年一番のしぼりたて!

地元勝山は先日、山に雪が降ったと思いきや、ここ数日暖かくて、服の選択に困るこの頃です。

先日、今年一番のりの新酒をしぼりました!

当蔵のロングセラー「純米 美作」の新酒しぼりたて生原酒です。
c0110786_931955.jpg

杜氏が味見に持ってきてくれたのを、早速晩酌でいただきました。
久々にパンチの効いた生原酒を飲んだので、「ウォォ~」と第一声!

その後、雄町の旨味と、ぴちぴちと舌を刺激しながら、喉を通り抜けます。

キレの良さの中にも、甘みの余韻が楽しめます。

もう少し、味を落ち着かせ、来る11/21(土)いよいよ出荷開始です!

毎年大好評の「菩提もとにごり酒生原酒」も同時出荷です!

美作しぼりたてを飲みながら思い出したのがこれ↓
c0110786_9394247.jpg

デトロイト出身のオルガニスト「ライマン・ウッダード」のライブ音源が出ました!

音源は1974年の物ですが、ブリブリのJAZZFANKです!

夜の鳥取砂丘を車で駆けながら聞きたい一枚です!

ガツッとくる新酒生原酒を飲みながら、聞きたい一枚です!

by 七代目
[PR]
by gozenshu | 2009-11-10 10:01

今年の雄町は・・・

本日(11月6日)、JA岡山東瀬戸支店で今年度最初の雄町米の「検査」が行われました。

今回は40点の検査でしたが、特級2点、一等24点、二等12点、3等2点、規格外が2点でした。

顔なじみの生産者の方々にお話を伺いましたが、「陽が照らんかったけぇなぁ・・・。」というコメントが一番多かったです。

やはり、7月8月とあまりにも日照時間が短く、9月に入ってから若干盛り返した様に思えましたが、

10月に入ってから気温が上がらず、熟成が不十分な圃場が多々あったそうです。

そんなことで未だに刈り取りが終わっていない圃場もあると聞いてびっくり。

結果、所謂「青米」が多く、「心白」が若干小さい傾向の米が多かったです。

そんな中でも比較的良さそうな「サンプル」を見つけて担当者に「何番と何番とを○○俵頼むよ!」と

交渉してきました。

この米が入って来るのは来週からです。

米の出来不出来は大事ですが、それをカバーするのも杜氏と蔵人の技です。
乞うご期待!

by六代目

↓集荷された雄町米
c0110786_12443577.jpg

↓検査を見守る生産者、JA関係者達
c0110786_124510100.jpg

↓一等米の見本
c0110786_12453996.jpg

[PR]
by gozenshu | 2009-11-06 12:50


検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧